• ネイリストはただ単に爪のケアをすればいいというわけではありません。お客さんからは色々な質問が来ますのでそれに答えなければいけません。例えば今度結婚式に出席するんだけど、ピンクの花柄のドレスを着て出席する予定で、それを引き立たせるようなネイルはどのようにすればいいか。手が色白に見えるような色ってどんな色を選べばいいのか、など聞かれる事もあるでしょう。その時にしどろもどろになって知識の無さが伺えたら、お客さんは離れて行ってしまいますよね。ネイリストは日々勉強です。そんな努力が発揮されるのは大阪のネイリストの求人を見て行った面接の時です。大阪の求人の面接では実際にネイリストとして爪にアートを施してくださいと要求されます。