• サプリメントとして広く出回っているものの一つに、セサミンがあります。
    これはゴマリグナンに含まれている成分の一つで、主にアジアでの研究において薬効が報告されているのです。
    ゴマ油やサンショウから分離できるこの成分は、コレステロールの吸収をおさえたり、抗がん作用があるとされ、アルコール障害を防ぐといわれています。
    セサミンを含むゴマは、古くから食用や薬用として人々に利用されてきました。
    発祥についてはインドやエジプトという説もありますが、現在ではアフリカ大陸が発祥という説が有力なようです。
    ここには多数のゴマ科植物が自生しており、サバンナ地帯で改良が進み、エジプトやインドへ広がったのではないかといわれています。
    たしかにアフリカには、命の起源を思わせるようなものが感じられます。
    ゴマは主に種子を食料とし、食用油などの材料となり、旱魃に強いのです。
    しかし多雨の場合には生育が悪くなります。
    日本でも大昔から人々の食用に用いられていたそうです。
    今、日本産のゴマは、ほとんどが鹿児島県で栽培されていますが、収穫時期は8月から9月です。
    ゴマの種類としては白ゴマや黒ゴマ、黄ゴマなどがあり、トルコには金ゴマがあります。
    体の衰えを感じる年頃には、食物だけで栄養を補給するのもたいへんです。
    サプリメントで健康をサポートするのもよいでしょう。