• 妊娠線という言葉よく聞きますが、妊娠すると、おなかや胸、お尻、など脂肪を溜め込みやすいところに、毛細血管が透けて見え赤っぽい波状の線として表れます。
    妊娠により、急激なお腹や乳房が大きくなるにつれて、表面の皮膚の皮は伸びますが、その下にある真皮と皮下組織は伸びにくい為、亀裂が入りできるわけです。
    1度できてしまった妊娠線はいずれ目立たなくはなりますが、消えることはありません。
    なのでできれば作りたくないものなので、しっかり予防することが必要です。
    予防するには、保湿をきちんとし肌を柔軟することが大事です。
    その為に妊娠線専用の予防クリームがあります。
    その中で選ぶ基準とし、保湿力、成分、使いやすさを重点し選びましょう。
    妊婦さんのことを考え作られているので、肌に優しく、つけ心地が良くて、香りなども考慮してるものが多いです。
    最近は、マッサージなど不要で、伸びが良いクリームが多いです。
    しっかりと伸びて、保湿力が高いのが特徴です。
    予防クリームといっても、そのまま産後に使ったり、中には赤ちゃんと一緒に使えるものもあります。
    肌の保湿は大切です。
    予防クリームで美肌術も習得し、潤いある綺麗ママさんを目指したいものです。
    http://xn--pck4e3a2es54yzzas02gre4a1j6a.com/