• 簿記は数多くある資格の中でも常に人気ランキングの上位に位置する資格です。
    その内容は会社や家庭での収入と支出を管理し、
    どれほどの利益が上がっているかを記録する方法であり、
    日本の経済になくてはならない存在です。
    簿記を使い作成された文書や資料は企業間の取引材料になったり、
    金融機関の査定材料にもなったりするので非常に重要な資格です。
    そして、資格を発行している機関はいくつかありますが、
    社会的に最も信頼があるのは
    日本商工会議所が実施している日商簿検定だと言われています。
    資格には1級から4級までの段階がありますが、
    一般的には3級から取得する方が多いです。
    しかし、実際に就職や転職の際に有利になるとされるのは
    最低でも2級からと言われています。
    そして、1級を持っていると仕事をする上でこれほど頼もしいものはありません。
    1級を取得すれば税理士や会計士への足がかりになるほど強力な武器となります。
    しかし、1級というのは広大な範囲と深い知識が求められ、
    その難易度は格段に上がり、ここで挫折する人が多くいます。
    したがって、最初から1級を目指すことよりも3級から段階を経て
    上の級にステップアップしていく計画性が必要になってきます。
    現代において資格の持つ意味は非常に大きなものになりました。
    自分を成長させるため、守るために資格を有効活用してみてはいかがでしょうか。
    http://www.aviva.co.jp/daiei_aviva/course/boki.html