• いろんな予備校がある中で、医師国家資格に特化し、ここ数年において実績を挙げています。
    国家試験の予想問題や、各研修における相談窓口もあり、受講生のバックアップがしっかりできています。
    医学生しか受けることのできい医師国家試験でも、実際のところは合格率が9割であり、1割の人は不合格となっています。
    また、文部科学省によって4年生時に臨床医としての資質をはかるために試験がもうけられたことにより、6年生までの距離も大きくなりました。
    昔とは違い、医学生は全て医師になれるわけではないのです。
    そんな中でもメックでは、1年生から4年生・5年生・6年生としっかりカリキュラムがわかれており、個人にあった教育を、現在臨床医師である講師方が現場目線で行ってくれます。
    このバックアップがあって、険しい医師国家試験と戦っていけるのです。
    医師国家試験を受ける予定のかたや、医学生は一度メックのホームページにアクセスしてみてください。