• 職業によっては特別の融資を利用する商品を用意している場合があります。
    日本保証では、事業者向けファイナンス事業の中に医療機関の人たちが利用できるメディカルサポートローンがあります。
    医師または病院経営を行っている人たち以外にも調剤薬局や介護施設等の医療関係者を対象とした融資になります。
    経営者として医療関係に携わっている場合には、適用される融資に該当します。

    融資額に関しては10万円単位で100万円から1億円が融資額となっていますが、診療報酬月額の2倍から3倍が融資の目安になるものです。
    そのため診療報酬の2倍から3倍を超えた融資を利用することができないものになります。
    しかし、一般の個人経営者や企業経営者が利用する融資とは異なり医療従事者専用の融資になっております。
    そのため担保の提供に関しても医療従事者しか担保に提供することのできないものに限られています。
    不動産担保とは異なり、こちらの融資では、診療報酬の債権担保、調剤報酬債権の担保そして介護給付費の債権担保ができなければ融資を受けることができないものになります。
    医療従事者専用の融資となっており、医療従事者が必要とする時に利用できる融資として、いろんな状況で対応してくれるものになります。