• コンタクトレンズを使用する人が増えてきていることや、一日中、仕事でパソコンに向かっている人が増えていることなどから、ドライアイという病気に罹ってしまう人が増えてきています。
    その症状を知っていれば、すぐに病院へ行くこともできるため、まずはどんな病気なのか知る必要があります。
    その名のとおり、目が乾くという症状が分かりやすいかもしれません。
    単純に乾くだけなら市販の点眼薬をさして様子を見ることもできます。
    問題なのは痛みも生じてしまうという点です。
    目がゴロゴロするという症状が現れるのもこの病気の特徴の一つです。
    こういった症状が現れるようになったら、すぐに眼科を訪れることをお勧めします。
    放置しておくとさらに症状が悪化してしまい、取り返しのつかない重大な病気へと発展ししてまうこともあるからです。
    また、ドライアイになってしまうと目が見えにくくなることもあります。
    日常生活に支障をきたしてしまうこともあるため、市販の点眼薬を使用するだけではなく、ドライアイの段階がどの程度まで進行しているのか、今一度、専門医に診てもらっておいた方が安心です。
    場合によっては、コンタクトレンズの使用を一時的に中断しなくてはいけないこともあります。