• ネイリストの素養や資質は、アートの感性を持っている人のほうがいいです。
    具体的には、理系や医療関係の人の場合は、あまりアートの感性のような個性的な思考や、感情等の波は必要ありません。
    むしろ淡々とミスなく落ち着いて作業できる安定した素養が必要です。
    医療関係とは反対に、ネイルサロン等の求人の場合ですと、素晴らしいアートの感性を持った人はとても有利で、例えばネイルコンテスト作品を出展する場合にも、独特の感性は人目を惹き、場合によっては素晴らしい賞を獲得し、有名ネイリストになることができます。
    現代は、メイクさんやネイルのプロが、メディアでもてはやされている時代でもありますが、素晴らしい技術を持った人は、本業以外でメディアに出演することも多く、タレントのような扱いになっている場合もあります。
    ネイルのプロとして名前が売れると商品価値も上がりますので、いい戦略であるとも思いますし、どんどんメディアに出演してゆくといいです。
    ネットでもテレビでも宣伝効果は高いですので、うまく利用していくと、宣伝経費削減にもなります。
    有名ネイリスト監修のグッズも多く販売されたり、ブログデザインに起用されたり、活動範囲も広く華やかな人も多いです。