• 小さい頃にかかる病気の中には、水疱瘡のように治った後でも跡が残ってしまうものもあります。
    また不意の怪我や火傷によって、傷跡が残る場合もあるでしょう。
    それらは、たとえ自分にまったく落ち度がなくても、後ろめたさや大きなコンプレックスとして、のしかかってくるものだと思います。
    最近の美容技術では、レーザーによって傷跡の色をぼかして見えづらくしたり、皮膚の表面を削ったり、あるいは別の場所の皮膚を移植するなどして、傷跡修正が可能になりました。
    また、若気の至りでやってしまった根性焼きやリストカットの跡を別の傷に加工するといった手術を行っているクリニックもあるので、傷跡の事で悩んでいる人は一度検討してみてはいかがでしょうか。clickして参考サイトへ