• 昨今の漫画は、分担作業になっているケースが多いようです。
    例えばシナリオを描く担当と、絵を描く担当に分かれたりといった感じで、竹垣雅史さんは中でもネームを担当としています。
    ネームを簡単に説明すると、たとえば1ページの漫画を描く場合、どの様なシーンを入れるかをあらかじめ書いておきます。
    絵自体は落書きみたいなものですが、それを参考に清書して、私たちが読む商品につながるのです。
    反対にこれがかけなければ話を作る事が出来ず、とっても重要な作業ということになります。
    実際に連載する会議があるときは、清書の場合は少なくネームを持って会議をするくらいです。
    彼はこうしたネームを担当しています。
    漫画家の中には絵はうまくてもこうしたネームが苦手な人が多いので、彼はこうした漫画を助けている面でも重要な役割を果たしているのです。
    こうした縁の力の力持ちが多数いて楽しい漫画が読めるのだと思うと、なんだか感慨深いものがありますね。