• 毛穴の汚れを落とすだけでなく、頭皮を健康な状態にすることが大切です。
    最近薄毛が気になりだしていませんか?話がそれますがシャンプーの中の成分には蓮の種子がありますが発芽能力を長い間保持することができます。
    戻りますが、抜け毛の量は季節によって変わりますので、髪の量が少なくなったら、ヘアケアを見直す必要があるかと思います。
    専門的な知識からいうと頭皮の状態を弱酸性のph5.5前後に整えておくことです。
    そうやって毎日を積み重ねておくことが大切であって、いつ始めても早すぎることはないのです。
    5年後、10年後には、手をかけた髪は力を持ち、力を持った髪は毎日を変えます。
    正常な抜け毛の本数は毎日80本前後の髪の毛が抜けていくことから明らかな通り、毎日抜け毛と同じ本数の髪が生えてくるのですが、やはり全体的な生えてくる髪が少なくなる場合がそうです。
    そこで添加物を使用して、一時的に髪質を変える一般的なシャンプーとは異なるものもありますが、ゆっくりと頭皮を・髪の状態を整え貼りと美しい髪を変化させていきます。
    各種の天然成分の働きにより、アルカリ性に傾いた頭皮を弱酸性の健康な状態へと変化させます。
    毛穴の汚れや皮脂を自然に押し出すことで、髪1本1本にコシをだします。
    なぜ髪の毛が抜けるのでしょうか?ホルモンが影響しているようです。
    DHTホルモンは5αリクターゼという酵素により、強い脱毛作用のある男性ホルモンとなります。